学部・大学院

研究科長からご挨拶

 新潟県立看護大学大学院 看護学研究科 研究科長 舟島 なをみ

 2002年、新潟県立看護大学は看護学の単科大学として開学し、2006年に大学院看護学研究科修士課程を開設しました。開設後、入学した大学院生の多くは、保健医療機関、教育機関に在職する看護職者であり、この状況は本学看護学研究科の特徴の一つにもなりつつあります。職業と学業の並進に尽力する学生、学生の個別状況に即した指導に尽力する教員、そしてその学生と教員を支援する事務職員、三位一体の尽力により、修了生を輩出し、その数は、2019年3月末日時点で80名となりました。また、修士の学位を取得したこれらの修了生は、地域の保健医療機関や教育機関に戻り、新潟県はもとより他県でも重要な職責を果たしております。
 大学院看護学研究科修士課程開設から12年間、教職員一丸となって努力した結果、2018年4月、新潟県立看護大学大学院看護学研究科は博士後期課程を開設できました。本学研究科の教員は、大学院教育12年間の実績を通して博士後期課程の教育と研究指導に十分対応できる教授能力を具備できたと確信しております。また、特に職業と学業の並進を余儀なくされる学生の学習環境、研究環境は既に整えられています。
 地球環境、社会環境は刻一刻変化し、人類は今後、これまで経験したことのない状況を向かい入れることになります。新潟県民も例外ではありません。そのような中、看護職者への期待は益々、高まる一方です。そして、看護職者がこの期待にどう応えられるか、それが人々の健康状態と生活に多大なる影響を及ぼすといっても過言ではありません。どのような事態にあっても、現実から遊離することなく、怜悧な視線で現実を見つめ、そこに存在する問題を解決しつつ、前進できる能力と意欲を持つ看護実践者、看護管理者、研究者、教育者の存在は必須です。本学大学院看護学研究科は、このような能力を持つ看護職者の育成を目指します。
 本学は新潟県上越市に位置しますが、上越新幹線に続いて北陸新幹線が開通し、東京までは2時間とその距離感を短縮してくれました。豪雪という厳しい自然環境に生きる人々が培った生活様式、少子高齢化が顕著であり、その中で自立して生活する高齢者の存在、また、地域文化を反映した看護を提供できる看護職者の養成など、新潟県のみならず、今後、日本の国民が必要とする知識を産出する看護学研究の課題も山積しております。
 看護学研究に関心を持ち高度な実践能力の修得、将来、博士後期課程への進学を目指している方、看護管理者、研究者、大学教員を目指している方、どうぞ、新潟県立看護大学大学院看護学研究科の門をたたいてみて下さい。教職員、一同、お待ちしております。

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ