学部・大学院

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

平成28年4月1日のカリキュラム改正に伴い、ディプロマ・ポリシーが新たに策定されました。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針) ※平成28年度以降の入学生が対象

 看護専門職者として人々の健康を支援するために、次の能力を身につけた学生に学士(看護学)の学位を授与する。
 
(1)専門職としての人間愛と高い倫理観を身につけている。
(2)人々の健康と生活を総合的にとらえ、生活の向上にむけた関わりの手法を身につけている。
(3)さまざまに異なる健康状態に応じた看護の実践力を身につけている。
(4)看護の専門性をもちながら、多職種と連携・協働しながら保健医療福祉を発展させる能力の基礎を身につけている。
(5)看護専門職者として国際的な視野に基づき、看護の課題に取り組む態度と能力を身につけている。
(6)生涯にわたって看護の発展と看護専門職としてのキャリア開発のために主体的に向上させていく能力を身につけている。

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ