学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 阿部 正子(あべ まさこ)
職 位 准教授
学 位 博士(看護学)(山梨大学)
修士(看護学)(滋賀医科大学)
所属領域 臨床看護学領域(母性・助産看護学)
E-mail masakoa[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
母性看護学Ⅰ・Ⅱ
母性看護学演習
母性看護学実習
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
統合実習
助産学概論
地域母子保健
ウィメンズヘルス
妊娠期助産診断・技術学
分娩期助産診断・技術学
産褥・新生児期助産診断・技術学
助産技術学演習
助産学実習

【大学院】
<博士前期課程>
母性看護学特論
母性看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
母性看護学特別演習
研究テーマ 不妊に悩む女性や家族への看護
助産師の教育やキャリア支援に関する研究
主な著書・論文 【著書】
阿部正子(2005):体外受精の受療にかかわる夫婦の意思決定状況-妻の認識している夫のかかわりとそれに対する妻の思いに焦点を当てて-,周産期医学35(10),1389-1393,東京医学社.

遠藤俊子編,阿部正子,笠井真祐子,他(2009):助産師基礎教育テキスト第7巻ハイリスク妊産褥婦・新生児へのケア,第3章『分娩期の異常とそのケア』「5.分娩に伴う損傷・合併症(産科ショック,産科DIC,羊水塞栓症,HELLP症候群,急性妊娠脂肪肝),172₋187,日本看護協会出版会,東京.

木下康仁,ナシル・ウディン・ジョマダル,阿部正子,他(2011):BRACに関する福祉社会論的研究『バングラデシュ農村部に暮らす女性の保健ニーズと対処行動―新たなリプロダクティブ・ヘルス戦略の可能性』,2010 Journal of Asian Studies for Intellectual Collaboration,69-77,法律文化社.

【論文】
阿部正子,宮田久枝(2002):不妊の女性の不妊治療に対する【認知】に関する文献研究, 新潟県立看護短期大学紀要,8,3-10.

阿部正子(2007):体外受精を受療している不妊女性の治療継続の経験的プロセス, 日本生殖看護学会誌,4(1),34-41.

阿部正子,遠藤俊子(2008):不妊女性が受療中に経験した非支援的状況の分析,日本生殖看護学会誌,5(1),4-10.

阿部正子(2010):治療終止の困難性:妊孕性の限界が近づいた女性の不妊という事実の認識変容プロセス, 山梨大学大学院医学工学総合教育部博士課程ヒューマンヘルスケア学専攻(学位論文).

宮田久枝,阿部正子(2018):体外受精・胚移植によって妊娠・出産した女性の親への適応,園田学園女子大学論文集第52号,1⁻10.

 
主な所属学会 日本看護科学学会
日本看護研究学会
日本助産学会
日本生殖看護学会
日本不妊カウンセリング学会
社会活動 M-GTA研究会(東京)世話人
中部M-GTA研究会世話人
ホームページ

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ