学部・大学院

教員紹介

氏 名 藤田 尚(ふじた ひさし)
職 位 准教授
学 位 医学博士
所属領域 人間環境科学領域
E-mail hfujita[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@として下さい。

学部 担当科目 基礎ゼミナール、自然人類学、ふれあい実習、専門ゼミナール
大学院 担当科目 人類学特論
研究テーマ 自然人類学、衛生・公衆衛生学、健康科学、解剖学、老年学、医療政策論、古病理学
主な研究業績 Fujita, H. et al.: Contribution of antemortem tooth loss (AMTL) and dental attrition to oral palaeopathology in the human skeletal series from the Yean-ri site, South Korea. International Journal of Archaeology, 1(1): 1-5, 2013.

Fujita, H.: Health status in early modern Somali people from their skeletal remains. International Journal of Archaeology, 2(3): 12-16, 2014.

Fujita, H.: Prolonged retention of primary teeth and TMD from the archaeological sample in the Edo Japanese. European Journal of Preventive Medicine, 2(6): 110-113, 2014.

Fujita, H. et al.: Healed femoral fracture, from the 10th century Ohotsk culture, excavated from the Hamanaka 2 site located on Rebun Island, Hokkaido, Japan, Asian Journal of Paleopathology, 1, 2017 (in press).

Fujita, H. and Adachi, H: Paleo-health from their dental pathology and cribra orbitalia in ancient Egypt QAU site. Anthropological Science, 125, 2017 (in press).
主な所属学会 日本人類学会(評議員)、日本解剖学会、日本老年歯科医学会(代議員)、日本応用老年学会、日本考古学協会、日本旧石器学会、国際古病理学会、日本公衆衛生学会、日本老年社会科学会、日本古病理学研究会(副会長・雑誌編集長)
社会活動 他大学・大学院非常勤講師、東京都健康長寿医療センター協力研究員、東京大学大学院客員共同研究員
ホームページ

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ