学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 長谷川 雅美(はせがわ まさみ)
職 位 副学長 教授
学 位 博士(医学)(三重大学)
所属領域 地域生活看護学領域(精神看護学)
E-mail mahasega[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
精神看護学Ⅱ
国際看護活動論

【大学院】
<博士前期課程>
精神看護学特論
精神看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
精神看護学特別演習
看護学領域別特別研究
看護学研究法
<博士後期課程>
精神看護学特論
看護学特別研究
研究テーマ うつ病者の自殺予防に関する研究
精神障がい者の自立支援に関する研究
主な著書・論文 【著書】
I.F.Brockington著,岡野貞治監訳,長谷川雅美他共訳(1999):母性とメンタルヘルス, 日本評論社

長谷川雅美,林優子監修(2012):疾患と看護過程実践ガイド改訂版, 医学芸術社

長谷川雅美,谷本千恵,河村一海 他(2013):精神看護エクスペール19患者の安全を守る看護技術, 中山書店

奥野茂代,大西和子,小泉美佐子,長谷川雅美他(2015):老年看護学概論と看護の実践(第5版), ヌーヴェルヒロカワ

長谷川雅美編著(2018):自己理解・対象理解を深めるプロセスレコード(第2版),日総研出版

【論文】
Nagayama Y, Hasegawa M(2014):Nursing care process for releasing psychiatric inpatients from long-term seclusion in Japan: Modified grounded theory approach  Nursing and Health Sciences Vol.16, No.3,284-290.

田中浩二,長谷川雅美(2014):高齢者のうつ病からの回復,日本看護科学学会34巻1号,1-10.

Tanaka K, Hasegawa M(2014): Narratives of a patient with chronic multiple psychiatric  disorders and status of the patient-nurse relationship; Achievement of rapport through the narrative approach, Journal of Society Nursing Practice Vol26,No1,32-45.

田中浩二,長谷川雅美(2016):老年期うつ病患者のレジリエンス―病と回復のストーリーから,日本看護科学学会36巻Vol.36,93-102.

Tanaka K, Hasegawa M, Nagayama Y, Oe M(2017): Nursing Philosophy of Community Mental Health Nurses in Japan:International Journal of Mental Health Nursing online: 23 JUN 2017 | DOI:10.1111/inm.12363
主な所属学会 日本精神保健看護学会
日本うつ病学会
周産期メンタルヘルス学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
社会活動 うつ病当事者グループ ’Uフレンズ‘主宰
メンタル看護相談外来設置
新潟県高齢者自殺予防対策事業講師
上越市自殺予防対策委員
上越地区ご当地ナンバー導入検討会副会長
ホームページ http://members.niigata-cn.ac.jp/u2-j/index.html 

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ