学部・大学院

教員紹介

氏 名 岩永 喜久子(いわなが きくこ)
職 位 教授
学 位 博士(医学)
所属領域 基礎看護学領域(看護管理学)
E-mail iwanaga[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@として下さい。

学部 担当科目 看護管理、専門ゼミナールⅠ・Ⅱ、人間社会と倫理、国際看護論
大学院 担当科目 <博士前期課程>
看護管理学特論、看護管理学援助論Ⅰ・Ⅱ、看護管理学特別演習、看護学領域別特別研究
<博士後期課程>
看護学特別研究、看護管理学特論
研究テーマ キャリア開発と人材の育成に関する研究
看護イノベーションー組織・看護専門外来・訪問看護に関する研究
患者・看護職・看護学生のメンタルヘルスに関する研究
教育機関・施設における看護教育に関する研究
主な研究業績 Hiromi Tsujimura , Kikuko Iwanaga et al(2017):Application of 18-item DEOS for Dementia Elderly People Living at Home and Its Reliability and Validity. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 67(3), 191-202

中村美香,岩永喜久子(2017):大学病院に勤務する看護職の専門的自律性と経験年数の関係.日本看護管理学会誌 21(1),40-46

中村美香.近藤裕子.岩永喜久子他(2016):急性期病院に勤務する看護職のヒューマンエラータイプとインシデント・アクシデントおよび属性の関連に関する研究.群馬保健学研究,37,1-10

中村美香,近藤浩子,岩永喜久子他(2016):看護職がインシデント・アクシデントを繰り返す要因に関する研究.THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 66(4),279-288

岩永喜久子(2016)看護職の人材育成の探求-看護の力を発揮して活動する看護専門外来-THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 66(2),83-89
主な所属学会 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護管理学会、日本看護技術学会、日本看護教育学会、北関東医学会
社会活動 日本看護科学学会代議員、日本看護技術学会評議員、研修会講師
ホームページ  

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ