学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 川野 英子(かわの えいこ)
職 位 准教授
学 位 修士(看護学)(北里大学)
所属領域 地域生活看護学領域(地域看護学)
E-mail keiko[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
在宅看護論
在宅看護論演習
在宅看護論実習
家族看護論
看護研究法
総合実習
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ

【大学院】
〈博士前期課程〉
地域看護学特論
地域看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
地域看護学特別演習
がん看護学特論Ⅰ
老年看護学特論Ⅲ
〈博士後期課程〉
地域・在宅看護学特論
研究テーマ 在宅看取りに関する研究
訪問看護ステーションの経営・管理に関する研究
主な著書・論文 【著書】
福井小紀子,石川孝子,川野英子,他(2018):病院からはじまる在宅看取り 地域包括ケアシステムのなかで病院・在宅・施設をつなぐ,メヂカルフレンド社,東京.

【論文】
川野 英子,平野 美穂,鳥居 央子,他(2008):男性が主介護者である家族への生活力量向上を目指した支援,家族看護学研究 13(3):150-157.

川野 英子,鳥居 央子(2011):要介護者と主介護者が家族としてサービス利用を決定する過程.国際医療福祉大学紀要,15(2): 34-43.

川野 英子,平野 美穂,猪腰 江美子(2011):訪問看護師の転職意向と定着に関連する環境要因.訪問看護と介護,16(8): 669-674.

 川野英子(2013):在宅での看取り.がん看護,18(7). 722-723.

大園康文,福井小紀子,川野英子(2014):終末期がん患者の在宅療養継続を促進・阻害する出来事が死亡場所に与えた影響-経時的なパターンの分類化-.Palliative Care Research,9(1号):121-128.
主な所属学会 日本家族看護学会
日本看護管理学会
日本公衆衛生学会
日本在宅ケア学会
日本地域看護学会
社会活動 新潟県介護支援専門員協会養成研修委員会委員
介護支援専門員研修専門研修課程Ⅰ 研修企画会議委員
上越市介護保険運営協議会委員
ホームページ  

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ