学部・大学院

教員紹介

氏 名 中島 通子(なかしま みちこ)
職 位 教授
学 位 保健看護学博士
所属領域 臨床看護学領域(母性・助産看護学)
E-mail mnakashi[アットマーク]niigata-cn.ac.jp 

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@として下さい。

学部 担当科目 母性看護学Ⅰ・Ⅱ、母性看護学演習、母性看護学実習、助産学Ⅰ・Ⅱ、助産学実習、総合実習
大学院 担当科目 <博士前期課程>
看護研究、母性看護学特論、母性看護学援助論Ⅰ・Ⅱ、母性看護学特別演習
<博士後期課程>
母子看護学特論、看護学特別研究
研究テーマ 母性・父性に関する研究
不妊治療当事者および支援者への看護
母性看護学・助産学の教育に関する研究
主な研究業績 Toshio Obata・Michiko Nakashima(2017)Oxidative stress inactivates ecto-5'-nucleotidase by inhibiting protein kinase C in rat hearts in vivo  European Journal of Pharmacology vol (805):125-130.

Toshio Obata・Michiko Nakashima(2016):Fluvastatin, an HMG-CoA reductase inhibitor, facilitate adenosine production in the rat hearts via activation of ecto-5'-nucleotidase. Microvasc Res. ;107: 1-5.

Toshio Obata・Michiko Nakashima(2016):Opening of ATP-sensitive K(+) (KATP) channels enhance hydroxyl radical generation induced by MPP(+) in rat striatum. J Neurol Sci. Jul ,15(366):180-183.

Toshio Obata・Michiko Nakashima(2016):Phytic acid suppresses ischemia-induced hydroxyl radical generation in rat myocardium. European Journal of Pharmacology,774(5):20-24.

中島通子、石川康代.他(2014):学生の分娩介助に対する産婦の評価と課題.四日市看護医療大学紀要,第7巻1号.
主な所属学会 日本看護科学学会、日本母性衛生学会、日本不妊カウンセリング学会、日本生殖看護学会、家族看護学研究学会、日本助産学会
社会活動 上越男女共同参画審議会委員
ホームページ  

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ