お知らせ

お知らせ 【重要】冬季休業明け(1月5日以降)の授業実施方針等について(一部追記)

令和2年12月17日
学生、教職員 各位 

公立大学法人新潟県立看護大学  
新型コロナウイルス感染症対策本部

【重要】冬季休業明け(1月5日以降)の授業実施方針等について(一部追記)

 標記について、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、下記のとおり対応する方針ですのでお知らせします。
 なお、このお知らせは、令和2年12月11日付けの文書に、下線部を追記したものです。

1 授業実施方針

〇 冬季休業明けの授業(講義・実習)については、1月5日(火)から1月15日(金)までの間は、遠隔授業で行います。なお、自宅での通信環境に不安がある場合等は、事前に大学へ連絡の上、大学で遠隔授業を受講することは可能です。
〇 1月18日(月)以降の授業については、対面授業で行うことを基本とします。
〇 1月18日(月)からの臨地での領域別実習を履修する学生が帰省した場合は、健康観察期間をおくため、1月4日(月)までに現居住地に戻るようにしてください。また、その他の学生についても、できるだけ早く現居住地に戻り、健康観察期間を設けて対面授業に臨むようにしてください。

2 冬季休業中の帰省にあたっての注意事項

〇 冬季休業中の帰省等について、本学として特別な制限は行いませんが、感染が拡大している地域があることから、移動中のマスクの着用や人ごみを避けるなどの基本的な感染予防対策(マスク着用・手洗い・手指消毒・換気・距離をとること等)を、改めて徹底してください。
〇 特に、感染拡大が著しい地域に帰省等をする場合には、帰省先の自治体等が発表する感染状況や対策等に十分注意し、家の中でもマスクを着用するなど、特に慎重に行動するよう努めてください。

お知らせ

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ