学部・大学院

在学生・履修生の声

新潟県立看護大学大学院看護学研究科看護学専攻
修士課程 がん看護学CNSコース 岡村 利佳

h27zaigakusei1

 私は現在、看護学研究科看護学専攻修士課程に在学し、がん看護学を学んでいます。様々なニーズを持った患者・家族の方々に寄り添い、よりよい看護が提供できるよう、がん看護についての専門性を高め、高度な実践能力を身につけることを目指し授業・研究に取り組んでいます。

 仕事と家庭、更に大学院、この3つを両立するのは大変ですが、その中でこそ見つけることのできる新たな発見や自身の課題に気づくことができる日々に充実感を感じています。また、仕事をしながら大学院に通っているため、授業での学びを、即日々の看護のなかで実践していくことができ、更に学びが深まっていることを実感しています。

 大学院での授業は講義形式の授業は少なく、プレゼンテーション、ディスカッションなどの学生が主体的に参加し学びを得ることが多いことが特徴です。様々な看護経験や学習背景を持つ院生同士が交流し合うことで、お互いの刺激となり院生一人一人の学習意欲につながっています。様々な分野での授業や院生同士の関わりの中から幅広い見識を身につけることができるということが大学院で学ぶことの魅力であると感じています。

 今後も大学院での日々を通じて得られる貴重な学びを生かし、意欲的に取り組んでいきたいと思っています。

                                                                             

新潟県立看護大学大学院看護学研究科
修士課程 老年看護学CNSコース 清水徳子

h27zaigakusei2

 看護学研究科看護学修士課程で老年看護を学び、老人看護専門看護師をめざしています。仕事と大学院の両立は、プライベートの余暇の時間を削り課題に取り組む、予想以上にきびしい日々です。しかし、日頃、現場でモヤモヤした腑に落ちないことが、学ぶことで自分たちのケアを言語化し整理しようとする思考過程へ変わるように感じます。また、学生が主体的に参加し学ぶ形態は、プレゼンテーションやディスカッションが多く、異なる施設や部門の仲間との共感や、考え方の幅を広げる良い機会となります。

 CNSコースでは高度実践看護実習があります。専門看護師の6つの役割である実践、倫理調整、調整、相談、教育、研究を、1学年で学んだ看護理論や倫理などの基盤看護、専門分野を実際に活用し展開します。老年は、高齢者の声にできない声を聴くことが大切と言われますが、高齢者から発せられるサインをキャッチし、看護理論を適用しつつ包括的にアセスメントして、個別の問題解決や状態改善を意図して関わります。実際に患者家族や看護・多職種チームに変化が起こることを経験すると、実習の苦しい中にも面白さを感じ大きな学びとなります。まだまだ長い道のりですが、実習や研究に取り組んでいる先輩や卒業した先輩の後ろ姿をみると、あらためて看護の醍醐味を思います。

                                                                                

新潟県立看護大学大学院看護学研究科(平成26年度修了生)
修士課程 看護管理学 内山 博公

 平成24年度から看護学研究科看護学専攻修士課程で看護管理学を学びました。仕事をしながら大学院に通うという生活は、忙しいですが大変刺激的な毎日でした。授業では、日々の看護の活動を振り返り、原点に立ち戻るような本質的な問いを投げかけられたり、最近の情報や動向をもとに将来の看護について討議を行いました。

 漠然としていた事をシステマチックに考え、情報を整理し、問題解決していく方法や看護管理を行う上でのミクロ、マクロの両方の視点を持って物事をとらえ考えていく事を学びました。これらの学びは日々の看護に役立っています。

 大学院での授業は受け身的な講義形式の授業は少なく、プレゼンテーション、ディスカッションなどの学生が主体的に参加し、学ぶという形式の授業が主となります。
 他の職場から来ている学生とディスカッションしたりすることで、考え方の幅が広がり、お互いに刺激し合うことができるということが、大学院での勉強の面白さだと感じました。

(2015年7月)

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ