学部・大学院

【前期課程】在学生・履修生の声

新潟県立看護大学大学院看護学研究科
博士前期課程 がん看護学CNSコース 鴨井 美雪

h30zaigakusei_1

 現在、2人に1人ががんになる時代で、私が勤務している病院でも、がん治療で入院してこられる患者さんが多くいます。その患者さんが安心して治療が出来るように、また、生活のQOLが下がらないよう、力になりたいと思い入学しました。仕事と学業の両立は最初、大変でしたが、周りの方々のサポートもあり、楽しく日々を過ごしています。

 仕事をしながら、大学院での学びを実践に活かせるので、とても充実感を感じます。大学院で学ぶことで、実践の中で感じる疑問をいろいろな側面から考えられるようになり、根拠を持って患者さんへ関わることが出来るようになってきた実感しています。授業では、年代が違う同期とのディスカッションやプレゼンを行う事で、自分の考えや、看護観と正面から向き合い、新たな自分を見つけることができます。

 再び看護を学ぶことが出来ることは、幸せで贅沢なことだなと思っています。

                                                                             

新潟県立看護大学大学院看護学研究科
博士前期課程 看護管理学 高橋 由美 

h30zaigakusei_2

 私は、看護管理を学ぶために新潟市から通っています。実践を通して、良い看護をするためには人を育てることが重要ではないか、そのためにはもっと管理的視点を学びたいと思い、一念発起して受験しました。入学と同時に十数年ぶりの病棟勤務となり、3交代勤務に体を慣らすこと、仕事を覚えることなど大変な面もありますが、職場と家族の協力を得て通学することができています。

 本学の大学院は複数の専門領域があるので、共通科目では皆と様々な視点でディスカッションや情報交換ができ、とても学びが深まっています。休憩時間には、勉強の疑問に加えて悩みごとを相談することもあり、有意義な時間を過ごしています。専門領域では知識を深めることはもちろん、文献のクリティークを行いながら、研究課題を模索しているところです。

 仕事と学業の両立は、時間管理が不可欠です。準夜勤務の前に課題をすませ、深夜勤務後に職場の図書室で文献検索をするなど、できるだけ時間とリソースを有効活用するようにしています。しかし、仕事や勉強のことが頭から離れずにボーっとしながら何も解決せずに時間だけが過ぎることもあり、いかに気持ちを切り替えて時間を上手に使うかが私の課題です。
 
 授業を受けながら、これを職場で活かすにはどうすればよいかなどと実践に繋げて考えることも多く、色々な意味で学びの楽しさを感じています。大学院での学びを深めて活かすことはもちろん、学ぶ楽しさも伝えていけたらと思っています。

(2018年10月)

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ