学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 石井 角保(いしい すみやす)
職 位 教授
学 位 博士(医学)(群馬大学)
所属領域 自然科学領域(生物・医学)
E-mail sumiishi[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
臨床病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
基礎ゼミナール
ふれあい実習

【大学院】
<博士前期課程>
フィジカルアセスメント
病態生理学
研究テーマ ホルモンの作用機構と関連疾患
主な著書・論文 【著書】
日本甲状腺学会編集(作成委員兼事務局) (2023): 甲状腺ホルモン不応症診療の手引き, 南江堂, 東京.

石井角保, 山田正信 (2020): 甲状腺機能低下症. 矢崎義雄監修 新臨床内科学 第10版, 医学書院, 東京.

石井角保, 山田正信 (2018): 甲状腺ホルモン不応症(その他のSITSHを示す疾患). 柳瀬敏彦, 竹内靖博, 山田正信編集 内分泌代謝科専門医研修ガイドブック, 診断と治療社, 東京.

Ishii S, Yamada, M (2016): Disruption of feedback regulation of thyroid hormone synthesis/secretion and brain development. In Koibuchi and Yen, editors, Thyroid Hormone Disruption and Neurodevelopment, Springer, Heidelberg.

Ishii S, Tsai SY, Tsai MJ (2009): Role of COUP-TFII in Congenital Diaphragmatic Hernia. In Bradshaw and Dennis, editors, Handbook of Cell Signaling, 2nd edition, Academic Press, Oxford.

【論文】*: 責任著者
Susetyo A, Ishii S*, Fujiwara Y, Amano I, Koibuchi N (2022): Histone Deacetylase 3 Inhibitor Alleviates Cerebellar Defects in Perinatal Hypothyroid Mice by Stimulating Histone Acetylation and Transcription at Thyroid Hormone-Responsive Gene Loci. Int J Mol Sci., 23(14), 7869.

Ishii S*, Koibuchi N (2022): COUP-TFII in Kidneys, from Embryos to Sick Adults. Diagnostics, 12(5), 1181.

Ishii S* (2021): The Role of Histone Deacetylase 3 Complex in Nuclear Hormone Receptor Action. Int J Mol Sci., 22(17), 9138.

Ishii S, Amano I, Koibuchi N (2021): The Role of Thyroid Hormone in the Regulation of Cerebellar Development. Endocrinol Metab., 36(4), 703-716.

Ishii S, Kurasawa Y, Wong J, Yu-Lee LY (2008): Histone deacetylase 3 localizes to the mitotic spindle and is required for kinetochore-microtubule attachment. Proc Natl Acad Sci U S A., 105, 4179-4184.
主な所属学会 日本内科学会
日本内分泌学会
日本糖尿病学会
日本甲状腺学会
日本生理学会
社会活動 厚生労働省難治性疾患政策研究事業「ホルモン受容機構異常に関する調査研究班」班員
日本甲状腺学会臨床重要課題「甲状腺ホルモン不応症診断基準」委員長
アジアオセアニア甲状腺学会会計補佐
日本内分泌学会評議員
日本甲状腺学会評議員
群馬大学医学部非常勤講師
内分泌内科医として地域医療貢献
ホームページ
researchmap https://researchmap.jp/7000016269

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ