学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 葛城 美徳(かつらぎ よしのり)
職 位 准教授
学 位 博士(理学)(九州大学大学院)
修士(理学)(九州大学大学院)
所属領域 自然科学領域(生物・医学)
E-mail katsurag[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
基礎生物化学
臨床栄養学
臨床生化学
臨床薬理学
感染学
基礎ゼミナール
ふれあい実習
研究テーマ ウイルス感染防御システムと神経変性疾患の研究
主な著書・論文 【著書】
日合弘, 木南凌, 三嶋行雄, 葛城美徳, 他 (2010):ペコリーノ がんの分子生物学 メカニズム・分子標的・治療, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京

【論文】
USP10 inhibits the dopamine-induced reactive oxygen species-dependent apoptosis of neuronal cells by stimulating the antioxidant Nrf2 activity. Sango J, Kakihana T, Takahashi M, Katsuragi Y, Anisimov S, Komatsu M, Fujii M., The Journal of biological chemistry 101448-101448 (2021)

USP10 is a critical factor for Tau-positive stress granule formation in neuronal cells. Piatnitskaia S, Takahashi M, Kitaura H, Katsuragi Y, Kakihana T, Zhang L, Kakita A, Iwakura Y, Nawa H, Miura T, Ikeuchi T, Hara T, Fujii M., Scientific reports 9(1) 10591, 1–15 (2019)

Priming of lineage-specifying genes by Bcl11b is required for lineage choice in post-selection thymocytes. Kojo S, Tanaka H, Endo TA, Muroi S, Liu Y, Seo W, Tenno M, Kakugawa K, Naoe Y, Nair K, Moro K, Katsuragi Y, Kanai A, Inaba T, Egawa T, Venkatesh B, Minoda A, Kominami R, Taniuchi I., Nature Communications 8(1) 702. (2017)

Regulation of the Keap1–Nrf2 pathway by p62/SQSTM1.  Katsuragi Y, Ichimura Y, Komatsu M, Current Opinion in Toxicology 1, 54-61 (2016)

p62/SQSTM 1 functions as a signaling hub and an autophagy adaptor. Katsuragi Y, Ichimura Y, Komatsu M, The FEBS journal 282 (24), 4672-4678 (2015)
主な所属学会 日本分子生物学会
日本神経化学会
社会活動 福島原発事故による環境放射線測定のボランティア活動(新潟大学BISHAMON)
ホームページ
researchmap https://researchmap.jp/read0074835

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ