学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 関 睦美(せき むつみ)
職 位 准教授
学 位 修士(看護学)(福井大学)
所属領域 地域生活看護学(地域看護学)
E-mail museki[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
地域・在宅看護論Ⅰ・Ⅲ
在宅看護論演習
在宅看護論実習
総合実習
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
看護研究法
 
【大学院】
<博士前期課程>
がん看護学特論Ⅰ
研究テーマ 在宅で療養する医療的ケア児と家族への看護
退院支援について
主な著書・論文 【論文】
関睦美,吉川峰子(2020): A短期大学における退院支援部門で在宅看護論実習を行った看護学生の学びの評価,日本在宅看護学会,8(2),41-50.

吉川峰子,関睦美,新田大貴(2020): 大学低学年に行なった在宅医療・看護のインターンシップの満足度と学び,日本看護学会論文集 在宅看護,50,83-86.

関睦美,長谷川美香,出口洋二(2018): 障がい児をもつ母親の養育態度への影響要因,家族看護学研究,23(2),128-139.

関睦美,吉川峰子(2015): 医療的ケアを必要とする児の入学を通常学校で受け入れた教職員と看護師の不安,北陸公衆衛生学会,42(1),1-9.

関睦美,長谷川美香,出口洋二(2015): 児童発達支援事業を利用する児の母親の育児負担感とその影響要因,日本看護学会論文集 在宅看護,46,47-50.
主な所属学会 日本看護研究学会
日本在宅看護学会
日本家族看護学会
日本看護学教育学会
看護実践学会
社会活動 妙高市介護保険運営協議会委員
ホームページ
researchmap https://researchmap.jp/ank1211

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ