学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 高林 知佳子(たかばやし ちかこ)
職 位 教授
学 位 博士(保健学)(金沢大学)
修士(人間科学)(日本大学)
所属領域 地域生活看護学領域(地域看護学)
E-mail takabaya[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
地域・在宅看護論Ⅰ
公衆衛生看護学概論
公衆衛生看護技術論
対象別公衆衛生看護活動論Ⅱ
公衆衛生看護管理論
公衆衛生看護学演習
公衆衛生看護学実習
在宅看護論実習
総合実習
看護行政論
公衆衛生学
健康医療政策論
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ

【大学院】
<博士前期課程>
看護学研究法
地域看護学特論
地域看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
地域看護学特別演習
看護学領域別特別研究
<博士後期課程>
地域・在宅看護学特論
研究テーマ 家族介護者の健康およびQOL向上に関する研究
地域の健康課題に関する研究
保健師活動に関する研究
主な著書・論文 【論文】
Takabayashi C. Shimada K.(2011): Do infertile women and government staff differ in the evaluation of infertility-related Web sites?  Public Health Nurs. 28(5), 411-420.

高林知佳子, 坪倉繁美(2018) : 親の介護をしながら働く女性看護師のワーク・ファミリー・コンフリクト尺度の開発-信頼性・妥当性の検討-, 日本健康医学会雑誌, 27(1), 34-43.

高林知佳子, 平澤則子, 飯吉令枝, 井上智代, 野口裕子, 久保野裕子(2019) : 専門職における住民との協働によるパートナーシップ型地域診断実習の認識, 新潟県立看護大学紀要, 8, 9–16.

高林知佳子 (2019) : 女性看護師が抱く仕事と介護の両立への不安と職場に求める支援 家族を介護する役割の有無別にみた認識の違い,新潟医学会雑誌, 133(7-8),293-303.

高林知佳子, 坪倉繁美(2020) : 親の介護をしながら働く女性看護師のワーク・ファミリー・コンフリクトに関連する要因, 日本地域看護学会誌, 23(1),13-22.
主な所属学会 日本看護科学学会
日本地域看護学会
日本公衆衛生学会
日本難病看護学会
日本公衆衛生看護学会
社会活動 新潟県国民健康保険団体連合会保健事業支援・評価委員会委員
上越市健康づくり推進協議会委員
妙高市健康づくり推進協議会委員
妙高市こころと命のネットワーク会議委員
ホームページ  
researchmap https://researchmap.jp/ctaka21

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ