学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 常盤 洋子(ときわ ようこ)
職 位 教授
学 位 修士(カウンセリング)(筑波大学)
博士(ヒューマンケア・科学)(筑波大学)
所属領域 臨床看護学領域(母性看護学・助産学)
E-mail yotokiwa[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
母性看護学Ⅰ
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
【大学院】
<博士前期課程>
母性看護学特論
母性看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
母性看護学特別演習(母性看護学研究)
<博士後期課程>
母子看護学特論
看護学特別研究
研究テーマ 母性意識の形成・発達と看護支援に関する研究
育児期の母親支援のプログラム開発とその評価に関する研究
母性看護学・助産学教育に関する研究
主な著書・論文 【著書】
村本淳子,高橋真理,常盤洋子,他(2013):周産期ナーシング(第2版),ヌーベルヒロカワ,東京.

荒添美紀,伊藤まゆみ, 常盤洋子,他(2014)看護に活かすカウンセリングⅠ コミュニケーション・スキル 対象の生き方を尊重した健康支援のためのアプローチ, ナカニシヤ出版,京都.

小玉正博,松井豊,常盤洋子,他(2014):生涯発達の中のカウンセリングⅣ 看護現場で生きるカウンセリング,サイエンス社,東京.

牛久保美津子,神田清子,常盤洋子,他(2019):地域完結型看護をめざした看護教育-地域包括ケア時代の実習指導,メヂカルフレンド社,東京.

岡永真由美,常盤洋子,江藤宏美,他(2021):助産師基礎教育テキスト第6巻 産褥期のケア 申請時期・乳幼児期のケア(2022年版),日本看護協会出版会,東京.

【論文】
八巻ちひろ,常盤洋子(2019):看護職の月経随伴症状に対するセルフケア実施に関連する要因,日本母性看護学会誌,21, 19-28.

Shimada Shoko,Tokiwa Yoko,Iijima Yumi(2021):The Process by which Mothers of One-to Two-month-old Infants Seek Help from Nursing Professional,THE KITAKANTO  MEDICAL JOURNAL,71,131-141.

國清恭子,常盤洋子,深澤友子(2021):出産体験の振り返りアセスメントツールの開発と信頼性・妥当性の検討,母性衛生,62,372-380.

飯嶋友美,常盤洋子,島田祥子(2021):帝王切開で出産した初産の母親が出産体験を意味づけるプロセス,母性衛生,62,372-380.

 常盤洋子(2021):【患者の療養・生活を支える!地域のニーズに応える看護専門外来のアプローチ】妊娠・出産・子育てを切れ目なく支える「母性看護外来」,継続看護時代の外来看護,26,37-49.
主な所属学会 日本看護科学学会
日本助産学会
日本周産期メンタルヘルス学会
日本母性衛生学会
日本母性看護学会
社会活動 科学研究費審査委員(第1段審査委員,生涯発達看護学)(2010~2011年)
群馬県看護協会新人助産師研修講師(2013~現在)
群馬県助産師出向支援導入事業協議会委員(2018~現在)
群馬県看護協会副会長(2019~現在)
日本助産学会(専任査読委員,2020年~現在)
日本周産期メンタルヘルス学会第18回学術集会大会長(2022年)
ホームページ
researchmap https://researchmap.jp/read0098636/

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ