学部・大学院

教員紹介

 
氏 名 山田 恵子(やまだ けいこ)
職 位 准教授
学 位 教育学(学士)(明星大学人文学部)
看護学(修士)(愛知医科大学看護学研究科)
所属領域 臨床看護学領域(小児看護学)
E-mail yamada11[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@としてください。

 
担当科目 【学部】
小児看護学Ⅰ・Ⅱ
小児看護学演習
小児看護学実習
専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
総合実習
研究テーマ 臨床判断モデルを応用した保育士向けPBLS自主学習教材の開発
医療的ケア児の通常学級就学を可能にする学校看護師就労モデル
救急外来で予期せず子どもを亡くした親のグリーフに影響を与えた看護師の関わり
主な著書・論文 【著書】
山田恵子(2018): AppendixⅠ 小児 1.フィジカルアセスメントのポイント 2.緊急度判断 3.看護実践のポイント(pp269-277),救急初療に活かすフィジカルアセスメント,へるす出版,東京.

布施佐代子,佐々木昌代,安部孝,渡辺桜,山田恵子(2018): 第3章第2節「乳児保育専門研修」研修のねらいとモデルカリキュラム,シラバスと内容,乳幼児救急(pp253-264),保育リーダー養成研修ガイドブック「保育分野における中核的人材養成プログラム」,一般社団法人愛知県現任保育士研修運営協議会,愛知.

山田恵子(2017): 第一章 小児の一次救命処置(pp23-27)第三章 小児の基本的対応,小児の発熱,小児の咳嗽,小児の呼吸困難,小児の頻脈,小児の意識障害,小児の頭痛,小児の頭部外傷,小児の嘔吐,小児の腹痛,小児の誤嚥・誤飲(pp162-199),ファーストエイド すべての看護職のための緊急・応急処置,へるす出版,東京.

【論文】
Keiko Yamada Tomoko, Sumiyoshi Yoko, Maeda Kanako, Shiga Megumi Hatanaka(2022):Self-assessment of pediatric basic life support among nursery teachers in a rural area of Japan Resuscitation Plus 12

前田 陽子, 志賀 加奈子, 山田 恵子, 畑中 めぐみ(2018):北海道A市保育所における事故対策に関する実態調査,日本赤十字北海道看護大学紀要 18 5-13.

山田恵子,山田知子,大村政生,清水いづみ,畑中めぐみ(2017): 保育士が看護師に期待する専門性-保育施設における乳幼児の健康問題を支援する小児看護の役割を踏まえて-,小児保健研究,76(5),438-444.

舟木仁一,大西文子,鳥居賀乃子,遠藤幸子,佐々木典子,山田恵子(2017):日本小児医療保健協議会重症心身障害児(者)・在宅医療委員会報告 重症心身障害児(者)あるいは医療的ケアが必要な患者の在宅療養移行過程における親の付き添いと専門職のかかわりに関する調査,日本小児科学会雑誌=The journal of the Japan Pediatric Society,121(7),1294-1302.

増尾美帆,泊祐子,竹村淳子,岩間恵,西園貞子,山地亜希,川島美保,山田恵子,神道那実,野口賀乃子,大西文子(2016): 小児看護学実習における看護実践と理論を結びつけるための指導方法の検討,日本看護教育学会誌,26(1),79-88.
主な所属学会 日本救急看護学会
日本小児保健協会
日本小児救急医学会
日本小児看護学会
日本医療教授システム学会
社会活動 日本救急看護学会評議員
日本救急看護学会査読委員
全国がん患者団体連合会がん教育外部講師
長久手いのちの学校プロジェクト実行委員
ホームページ
researchmap https://researchmap.jp/keiusachan

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ