学部・大学院

地域生活看護学領域

 この領域は「老年看護学」「精神看護学」「地域看護学」で構成しています。
 加齢に伴い生じる健康現象の成り立ちと必要とされる理論・看護技術・実践方法を学ぶ「老年看護学」、成長発達の過程で生じる精神の健康現象に必要とされる理論・看護技術・実践方法を学ぶ「精神看護学」、在宅における多様な健康状況に対応するための理論・看護技術・実践方法を総合的に学ぶ「在宅看護論」と地域保健、学校保健、産業保健といった場における健康現象の所在を探究する方法および援助に必要な理論・技術・実践方法を学ぶ「公衆衛生看護学」を合わせた「地域看護学」の3科目で構成しています。

老年看護学

 老年看護学は、高齢社会のただなかにあるわが国における高齢者とその家族の支援、社会システムのあり方を考えることから、高齢者の尊厳に深く注目しつつ、その人らしい自立のあり方を看護職として支援するための基礎能力を育むことを目指しています。
 「老年看護学Ⅰ」では、高齢社会、ならびにそこに生きる高齢者とその家族の実態や問題への理解を通して、老年期の発達課題に対応した看護の進め方を学びます。「老年看護学Ⅱ」では、老年期特有の生活や健康上の不具合を把握し、それを解決するための看護の方法を学びます。「老年看護学演習」では、具体的な看護過程の展開を設定された事例を基に行っていくほか、口腔ケアなどの老年看護における看護技術の実技演習も組み込まれています。「老年看護学実習」は、長期ケア実習と通所ケア実習に分かれています。長期ケア実習では老年期にある主に慢性疾患を抱える患者さん1人を受け持ち、これまでに学んだ知識を活用し、看護過程の展開、看護技術の実践を行います。通所ケア実習では、通所リハビリテーション(デイケア)や通所介護(デイサービス)の事業所に出向き、利用者の方へのケアやリハビリテーションの見学等を通して、地域に暮らす在宅療養をしている高齢者を支える保健医療福祉サービスの実際を学びます。

精神看護学

 精神看護学は、人がより豊かな生活を送るために必要な精神の健康について考え、人と人、人と環境との関係の中でその人にとってより良い精神の健康に向けて、看護の専門職として援助する基礎的な能力を育てます。
 「精神看護学Ⅰ」では、精神の健康を理解するために必要な心の機能について学び、現代社会に生じているさまざまなメンタルヘルスの課題を理解します。「精神看護学Ⅱ」では、病としての精神疾患を具体的に理解し、基本的なケアの方法について学びます。そして、これらをもとに、演習では、ケアに活かすリラクセーションやレクリエーションの技法などを取り入れながら模擬患者についてケア計画を立て、人をありのままに理解し、自分自身を活用しながら実践できる看護の基本的な技術を習得し、そして「精神看護学実習」でケアを実践的、総合的に学びます。

地域看護学

 少子高齢化、健康格差、グローバル化、災害や新興感染症などの健康危機管理など、様々な社会的な課題が私たちの生活に押し寄せてきています。そのようななか、人々の健康づくりの拠点である家庭、学校や産業の場、コミュニティ全体に目を向け、様々な人々と共にまちとくらしづくりに関わる地域看護学の機能や役割は、益々、重要性を増しています。
 本学の地域看護学は、保健師教育を目的とした公衆衛生看護学と看護の統合分野である在宅看護論の2つの学問領域で構成され、地域志向の看護職を養成するため、公衆衛生看護学の9単位を必修にしています。教育の特徴は、1年次に2つの概論を配置したことと、授業の目的に応じてグループ学習やゼミナール形式の学習など、多様な学習方法を取り入れていることです。
 健康なくらしづくりに関わる看護職の働く場は、行政機関や学校、企業、訪問看護ステーションや介護施設など多岐にわたります。概論では、保健所保健師や市町村保健師、訪問看護師、養護教諭、産業保健師にゲストスピーカーを依頼し、経験豊富な看護職によるパネルディスカッションを通して、「住み慣れた地域でいつまでも健康に暮らしたいと願う人々への支援」について深く考えます。そして、2年次から公衆衛生看護学と在宅看護論の方法・技術を学びます。
 2つの領域の主な講義と在宅看護論演習終了後、3年次に全員が訪問看護ステーションでの在宅看護論実習を通して、看護の統合分野として質の高い看護を追究します。保健師資格取得を希望する学生は、3年後期に講義と演習、4年次に保健所や市町村、学校、産業での公住衛生看護学実習を通して、保健師に必要な知識と技術を身につけていきます。

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ