学部・大学院

生物・医学領域

 自然科学の学問分野から人体を見渡すことにより、常に自然における人類の位置を考慮し、生物としての人間の在り方を考えていきます。また、複雑にして巧妙な人体の構造と機能を理解しつつ、人類と疾病の関わり、疾病のメカニズム、および病態の変化を探求していきます。

生物学

 「生物学」では、ヒトを含む生物の基本的単位である細胞の構造とその働き、細胞が集まって作る人体を構成する組織、またそれらの情報をもつ染色体などについて講義と顕微鏡実習を通して学びながら自然界の中における「生物としてのヒト」と「歴史的存在としてのヒト(の進化)」の理解を深めます。

形態機能学

 「形態機能学」では、骨や筋などの運動器系、脳や神経などの神経系、心臓や血管などの循環器系、胃や十二指腸や肝臓などの消化器系その他働きの違いにより分類された各系統別に正常な諸器官の構造・機能を学びます。すなわち各器官の位置や形態学的特徴と共にその働きや各器官の機能的な相互関係を学習します。

臨床生化学

 「臨床生化学」では、体内で行われている様々な化学反応(代謝)を学びます。「代謝」により、エネルギーが生み出され、生命活動は維持されています。つまり、臨床生化学を学ぶことは、生命そのものを学ぶことと同じです。生命を脅かす「疾患」を理解するにも、生化学の知識は必須です。具体的には、糖質、脂質、蛋白質・アミノ酸の代謝を中心に学びます。

臨床病態学

 「臨床病態学」では、主要症候の概念や病態生理、疾病発症のメカニズムについて学びます。私たちの生命は消化器系、循環器系、泌尿器系などの諸器官が神経系や内分泌系による統率のもとでバランスよく働くことによって維持されています。これらの働きが障害された状態が疾病です。身体所見や検査所見にも言及し、疾病に関して総合的な理解を深めます。これらを学ぶことにより、疾病を持つ人間を全人的に見つめ、回復を促進させるという看護の専門性の基礎になる病態の正確な把握ができることを目指します。
 各教員の専門分野は異なりますがそれゆえそれぞれの持ち味を生かした教科内容を提示することができます。このことによって学生諸君は、恒常的な感動体験を得ながらこれらの分野を学ぶことができ、その結果看護の専門性獲得に必要な生物医学的な学びを深めることができると確信しています。

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ