学部・大学院

教員紹介

氏 名 原 等子(はら なおこ)
職 位 准教授
学 位 看護学修士(北海道医療大学大学院)
所属領域 地域生活看護学領域(老年看護学)
E-mail naohara[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@として下さい。

学部 担当科目 ライフステージと看護、老年看護学Ⅰ・Ⅱ、老年看護学演習、老年看護学実習、総合実習、専門ゼミナールⅠ・Ⅱ
大学院 担当科目 <博士前期課程>
フィジカルアセスメント、老年看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、老年看護学特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、老年高度実践看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、看護学領域別特別研究、専門分野別課題研究(CNSコース)
研究テーマ 認知症ケアに関すること
高齢者の口腔機能向上に関すること
高齢者の食援助、排泄援助に関すること
高齢者のケアの質向上に関すること
主な研究業績 【著書】
系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護学(第8版),医学書院,東京,2014.(栄養,食事,排泄の項を担当)

老年看護学 概論と看護の実践(第5版),奥野茂代,大西和子編,東京,ヌーヴェルヒロカワ,2014(摂食・嚥下障害,排泄障害の項を担当)

口腔ケア基礎知識,永末書店,京都,2008.(107口を開けてくれない人への口腔ケア、108 在宅で口腔ケアを行う場合の介護者(家族あるいは在宅介護者)への指導の項を担当)

【論文】
竹内真奈美,小泉美佐子,原等子(2017):障害者病棟における身体拘束を減少させる看護ケア改善の取り組み,高齢者虐待防止学会誌.

原等子,中島紀恵子.痴呆性高齢者の家族介護時間の特性―家族介護主担者の時間的様相―,日本老年看護学会誌,7(2),70-82,2003.
主な所属学会 日本看護科学学会、日本老年社会科学会、日本認知症ケア学会(評議員、査読委員)、日本老年看護学会(査読委員)、日本口腔ケア学会(評議員)、日本老年歯科学会、日本看護教育学学会、など
社会活動 上越市地域包括支援ネットワーク協議会副会長(2013~)、上越市高齢者見守り支援ネットワーク副委員長(2012~)、公益社団法人認知症の人と家族の会本部理事(2017~)、新潟県支部世話人(2009~)、調査・研究専門委員長(2017~)、国際交流委員(2013~)、上越多職種連携勉強会(IPW-J)事務局(2014~)
ホームページ  

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ