学部・大学院

教員紹介

氏 名 石田 和子(いしだ かずこ)
職 位 教授
学 位 保健学修士(群馬大学大学院医学系研究科)
保健学博士(群馬大学大学院保健学研究科)
がん看護専門看護師
所属領域 臨床看護学領域(成人看護学)
E-mail kazukoi[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@として下さい。

学部 担当科目 成人看護学Ⅰ、成人看護学Ⅱ、総合科目、成人看護学演習、成人看護学実習、専門ゼミナールⅠ、専門ゼミナールⅡ、総合実習
大学院 担当科目 がん看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、がん看護学特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、がん治療看護介入演習Ⅰ・Ⅱ、がん高度実践看護実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、看護コンサルテーション論、看護学領域特別研究、看護学研究法、がん看護援助展開論Ⅰ、がん看護援助展開論Ⅱ、専門分野別課題実習(がんCNS)
研究テーマ がん化学療法を受けている患者の有害事象の予防と対処および看護介入に関する研究、がん患者・家族の心理的支援、女性生殖器がん患者に関する看護支援
主な研究業績 Ishida K, Kenichi N, Kiyoko K.(2015.4):The Process through which Gynecologic Cancer Survivors Undergoing Chemotherapy Overcome Loss and Adopt New Values.The Japan Association of Comparative Culture,116,243-255.

K Ishida, J Ishida, K Kanda(2015.1):Psychosocial Reaction Patterns to Alopecia in Female Patients with Gynecological Cancer undergoing Chemotherapy. Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, Vol15,1225-1233.

石田和子編著神田清子、二渡玉枝(2015.10):成人看護技術 が ん・ターミナルケア 有害事象に対する症状マネジメント メヂカルフレンド社,68‐77,83‐90.

石田和子、編集大西和子、飯野京子(2011):がん看護学 看護師のストレスマネージメント、ヌーベルヒロカワ、東京。

石田和子、監修桑野博行(2011):食道がん標準化学療法の実際 病院から地域に広がるチーム医療の展開と実際、金原出版、東京.

松本邦子、石田和子(2011.3):口腔がん手術患者に対する周手術期口腔ケアの有用性に関する検討、がん看護、16巻3号、P433-438.
主な所属学会 日本がん看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護診断学会、日本造血幹細胞移植学会、北関東医学会、日本緩和医療学会、群馬がん看護学会、群馬緩和ケア研究会
社会活動 専門看護師連絡協議会、日本がん看護学会評議員、群馬がん看護研究会理事、群馬緩和ケア研究会世話人
ホームページ  

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ