学部・大学院

教員紹介

氏 名 高林 知佳子(たかばやし ちかこ)
職 位 准教授
学 位 博士(保健学)(金沢大学)、修士(人間科学)(日本大学)
所属領域 地域生活看護学領域 地域看護学
E-mail takabaya[アットマーク]niigata-cn.ac.jp

※電子メールをお出しになるときは、[アットマーク]を@として下さい。

学部 担当科目 公衆衛生看護技術論Ⅰ、公衆衛生看護技術論Ⅱ、公衆衛生看護学Ⅲ、公衆衛生看護学演習、公衆衛生看護学実習、在宅看護論演習、在宅看護論実習、総合実習、疫学、専門ゼミナールⅠ、専門ゼミナールⅡ
大学院 担当科目 地域看護学特論、地域看護学援助論Ⅰ、地域看護学援助論Ⅱ、地域看護学特別演習、看護学領域特別研究
研究テーマ 介護をしながら働く女性看護師のワーク・ファミリー・コンフリクト
地域における健康課題の顕在化と公共サービスの評価
主な研究業績 高林知佳子. 島田啓子(2008):不妊治療費助成に関する自治体ホームページの情報提供のあり方. 日本生殖看護学会誌, 5(1):17-24 .
高林知佳子. 宮本晃(2008):健康増進コース終了後の運動継続に関わる指標. 医学と生物学, 152(6): 246-57.
Takabayashi C. Shimada K.(2010):Support for infertility treatment in Japan: differences in perceptions between female clients and staff. Nurs Health Sci, 12(1): 80-6.
Takabayashi C. Shimada K.(2011):Do infertile women and government staff differ in the evaluation of infertility -related Web sites?  Public Health Nurs. 28(5): 411-20.
高林知佳子, 片平伸子,平澤則子, 他5名(2014) :県外就業者におけるUターン就職の意向と支援ニーズ- A県における県外就業状況等実態調査を通して- , 日本看護学会論文集: 看護管理, (44) 7-10.
主な所属学会 日本公衆衛生学会、日本看護科学学会、日本地域看護学会、日本健康教育学会、日本生殖看護学会、北陸公衆衛生学会
社会活動 妙高市こころと命のネットワーク会議委員、上越市健康づくり推進協議会委員、妙高市健康づくり推進協議会委員、新潟県国民健康保険団体連合会保健事業支援・評価委員会委員
ホームページ  

学部・大学院

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ